2010年 03月 17日

散歩の収穫

f0223994_15261780.jpg

昨日の雨でだいぶ雪も無くなり、お散歩コースを変更してみたら・・・

誰かの別荘の庭先、入口付近になんと赤い物体発見です!
コールマンの3バーナーが無残なお姿でポイ!されてるではありませんか・・・
勿体ない・・・レギュレーターは使えそう・・・
でも、よそのお宅の敷地、道路からは2mほどの距離、やはり手を伸ばすのはご遠慮いたしました(当然か)。

なんでこんな丈夫な物まで捨てちゃうんですかね?信じられませんです・・・

おおよそ見当はつきますね、レギュレーターが具合悪くなって、バーベキューに参加できなくなった途端にキャンプ場の使い捨ての網の如く、ポイの運命だったんでしょうか・・・?

分解して、バットにキャブクリーナーを液状にドバッと出して、一晩寝かせて、GSでコンプレッサーでも借りてひと吹きで簡単に戻るのに、本当に勿体ないです。
今週辺りの連休に、この所有者は来ますかね、一声かけて"赤い物体"だけを拝借したいな~

イカン、イカン、他人のゴミにまで興味を持つなんて!
エコでアウトドアー的生活者の皆さんだったら、こんな時にどう思われますか・・・?

# by ff1350m | 2010-03-17 15:55 | 八ヶ岳標高1,350mの生活 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 16日

待ち合わせ場所

f0223994_157952.jpg

釣り人達は皆それぞれに、待ち合わせ場所ってあると思います。
最近は"コンビニ駐車場で"って云うのが多いのかな・・・

でも、こんな風情のある待ち合わせ場所が好きです。
メニューには手書きの太マジックで「ラーメン、親子丼、かつ丼」
どんぶりを運ぶオバチャンの親指は、必ずお決まりで丼の中へ、お銚子2合をチビチビとやっていると友人が現れ、「さぁ、今日もあそこに決まりだなぁ」なんて
好い情景です。

はたまた、隣の古い旅籠(敢えて旅館とは申しません)には、ウィスキーの宣伝にあった様な大原麗子風の絣を着た美しい女性が、オイラの釣りバッグを蹴飛ばし「バカ!」なんて・・・
釣り師の儚い妄想です。

外は結構な量の雨、先日の雪をドンドンと溶かしながら渓に流し込んでいきます。
これで2~3日後に温度が上がれば、この辺りはドーンとシロハラコカゲロウのスーパーハッチと相成ります。オオユキユスリカやクロカワゲラ、今のオイラを悩ますこの時期を、この恵みの雨が払拭してくれる筈、やっと来ました"春到来"。

でも、なんで「釣り、待ち合わせ場所、シロハラコカゲロウ」に、お酒と大原麗子が加わってしまうんだろう・・・ここに釣り師が共有する何かが有るんでしょうか?
ここで「ドキッ!」とすればする程、立派な釣り師になったってもんです。

あくまでも妄想です

でも、好い情景です。

# by ff1350m | 2010-03-16 02:48 | 釣り旅日記 | Trackback | Comments(4)
2010年 03月 15日

感染 ?

f0223994_2104016.jpg

インフルエンザでは無く、camera熱に感染か・・・?
PC整理が終わり気になるのは大昔の現像ネガの山、この元凶はアナログに在り!
しかし、元来アナログなる人は古い物も捨て切らず・・・
あちこちをかき回してゴソゴソ、発掘いたしました"保管品その①"
早速、リチウム電池を交換です。
f0223994_2242281.jpg

お仲間達"保管品その②"です。
歴史を感じるなぁ、Leica,T-3のチビ君達も長い年月を待っていてくれました、ゴメンネ!

物欲旺盛男はデジイチも実は「欲しい!」、でも今は我慢、我慢です。
いつになったらお魚さんの写真が撮れるんでしょうか・・・
どのcameraで撮影するんでしょうか・・・
二つは持って行かない・・・ブツブツ・・・
でも、昔から釣ったお魚さんの写真を余り撮った記憶がないんだよね・・・
cameraをナデナデしながら思うこと、「車の部品が来て修理が終わったら出掛けよう、釣りに!」
結局、まだ釣りモードにはなっていません、「誰か導火線に火つけてくれませんか?」

# by ff1350m | 2010-03-15 02:55 | くるま&雑記帳 | Trackback
2010年 03月 14日

突然のF-1ネタ ?

f0223994_13122163.jpg

何故って、今日から今シーズンのF-1がバーレーンGPで開催するのを、昨夜TVで気がついたんです。
で、何故?
はい、実はここの処、ニワカブロガーになったんでPCの中身をチェックすれば、ゴチャゴチャと色々な写真やら出てくるは、出てくるは・・・
で、整理している内に発見したのが、イタリアのイモラサーキットに遊びに行った時の、この写真です。
エコで貧乏な人は、勿論電車移動です。
あまりにも有名なイモラサーキット、でも案外と駅の風景は知らない人がいるのでは・・・?
行って観て驚き!ホームには人っ子ひとり居ません(3~4人は居たかな?)、つまり、ノンビリした所です。
Kioskの売店がポツンとあるだけ・・・本当に、ここ"IMOLA"?
"IMOLA"でした、間違いなく。
売店のオバチャンにサーキットの道のりを聞けば「歩いても行けるよ、20分位でないの?」
エコ人は勿論歩きます。でも根性がないので、直ぐにCafeでたむろするTaxiのオッチャン発見し、得意の値切り交渉開始です。
オッチャン曰く、「サーキットは工事中だべや?」
知ってるよ、一応調べてきましたからね!
「行くのか・・・?」
「もち、行きまっせ!」交渉成立です。
f0223994_13502251.jpg

Taxiのイタリアンなオッチャン、「どうせ工事中だから入ってみんべぇ!俺もひさしぶりだぁ~」
「コースイン出来ないかな?」
さすがにこれは無理でした。

感想:「狭~、このコース幅のどこであのF-1が抜けるん?して、以外に小さい!」

やはりここは"DUCATI"のコースなのです!
でも、コントロールタワーにはしかと"Ferrari"の跳馬がありました。

今夜もタイイングは?やはり・・・しないみたいな予感です・・・(絶対PCで結果は観ません!)

# by ff1350m | 2010-03-14 14:10 | 番外編 | Trackback
2010年 03月 14日

早春の八ヶ岳

f0223994_114541.jpg

久しぶりの晴れ日和、早春って感じのお天気です。
偶には家の反対側から我が家方向をパチリと・・・
八ヶ岳のヴューポイントです。こうやって眺めると山の両脇の稜線を、上に辿って想像してみる事ができます。大昔はさぞや大きな山だったんだな~と・・・火山活動でこの様になるとは恐ろしや・・
f0223994_11152587.jpg

我が家の後ろ方向から望めば、赤岳がこんな風に・・・
天気の良い夜は山小屋の明かりもバッチリ確認できます。
春はすぐそこに・・・いや、まだかな・・・?

今朝の気温は、まだマイナス7℃、どうも釣りに行くエンジンがかかりませんが、そろそろ本気モードでフライタイイングはしないといけません.
Must do it! です。

# by ff1350m | 2010-03-14 11:32 | 八ヶ岳標高1,350mの生活 | Trackback
2010年 03月 11日

楽しいハズが・・・

f0223994_4273220.jpg


大好きな雪でも、こんなに降るとあぁ大変です。
別に好き好んで歩幅前進している訳ではないんですけど・・・新雪だと思う様にいかないんです、体がズボズボ埋まってしまい、イライラ・・・
目の前の大好きな沢にさえ辿り着けません、イライラ・・・
いつものマーキングの木にさえ行けません、イライラ・・・

f0223994_4294486.jpg


「これじゃ、オヤジと同じ結石が悪化するではないか!僕を何処かに連れてってよ!」
ハイハイ、了解いたしました。と、その時プルプルと携帯が・・「もう、雪掻きに疲れたから一杯如何?」
嬉しいお誘いです、「は~い、喜んですぐに伺いま~す」。
チラと横目をやり、「夕方の散歩までには帰って来いよ!この、結石野郎!」と、心で思っても言わない僕。
ご主人様はすっ飛んで近所の革工房友人宅へ出かけたのでした。
「うひひィ、居ない間にベッドの上に上がっちゃうかもよ~ん」
似た者同士とはこんなもんなんです。

# by ff1350m | 2010-03-11 05:21 | 僕は"アッシュ" | Trackback
2010年 03月 10日

深夜の雪かき

f0223994_431272.jpg

一日中降り続いた雪、外灯を照らしながらマッタリと雪見酒を楽しんでいたら・・・あら!?大変!
このまま放置プレーしたら車庫から車も出せなくなりそう・・・ヤバ!
と、相成りまして、先日キャブから折角ガス抜きまでした"雪掻き太郎"にご登場願い、一働きです。
春先の雪は重いんですよね、これだけの雪が降ると人間様の体力にも限界が・・・
ササァ~と車庫前だけを始めたものの、気がつけばもう既に夜中の4時???
寝るかこのまま夜明けを迎えるか、悩みどころです。
春先のこんな翌日は、決まって温度が上昇し、もしも、運良く太陽が出るならば、南アルプスと八ヶ岳の間に素晴らしい雲海が広がり、その向こうには富士山がくっきりと現れる筈なのです。
カメラ小僧なら涙ものかな・・・?
こんな情景を目にすると、やはりここに住んでて良かったァと思うのですよね。
悩むなァ、寝るべきか、はたまたコンデジ出動か・・・

# by ff1350m | 2010-03-10 04:40 | 八ヶ岳標高1,350mの生活 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 09日

春の雪

f0223994_15325777.jpg

3月もそろそろ半ばに入ろうとしているのに、今日も雪、雪、雪・・・
相変わらずの作業といえば、雪かきと薪運びです。
もう、このパターンから脱出したいのに・・・かなちい。
車で少しばかり国道を下って、コンビニ辺りまで行くと雨なんて事が良くあります。さすが、標高1,350m!
下界はそろそろ"ウグイスの鳴き声"なんてTVのニュースで言ってますが、ここはシベリアか!?
もう、かれこれ20年もここに住んでいるのに、同じ冬を全く経験しないなんてね、Viva 1,350mです。
秋の薪割りは根性入れて、老体に鞭打って"これもスペイキャス練"よ、なんて心に言い聞かせながら励むんですけど、雪掻きは"ドジョウすくい"の練習くらにしかならない気がします。
喜び勇んでいるのは愛犬"アッシュ"のみ、あ~お前が羨ましいよ!

# by ff1350m | 2010-03-09 15:57 | 八ヶ岳標高1,350mの生活 | Trackback
2010年 03月 09日

大門川"キャッチ&リリース"推進エリア設定です

f0223994_0464728.jpg

"North Side Fly Fishing Club" 略して "NSFC"とこの2名は命名いたしました。
アウトサイダー的な2人にはとても似合わぬ"Club"の紋章?
内一人は"プー太郎"、もう一名は"環境調査会社の社長さんS氏"です。
二人は地元にある"大門川"を管轄する漁業組合の監視委員と放流委員ですが、「悲しい現状を何とかせねば!」との思いで、この摩訶不思議な言葉が浮かんだのです、「キャッチ&リリース推進エリア」。
いろいろと足りない頭で調べてみた結果、「C&R設定エリア」と「C&R推進エリア」に、この河川に於いては大げさに言えば「法的根拠が無い」事に気がついたのでした。北海道の「渚搰川」が羨ましいですが、公的機関が内水面漁業権を保有し、鋭意管理する河川と比較するのは、「この地域においては無理」との結論を出した2人の小さな活動開始です。

まずは、漁業組合に承諾を、次に河川に隣接する農地保有者の許可を頂戴し、看板製作並びに設置と相成った次第、これに費やした時間はなんと2週間!うむ、我ながら良く頑張りました。(正直申しますと、看板は河川にも隣接しますので国交省河川事務所が正式申請場所なのですが、お相手はお役所、ここで非礼を申し上げます「ごめんなさい!」僕達は確信犯でした。でも、河川の将来を案じての行動に免じてお許し下さい!)
昨年晩秋にS氏は頑張ってヤマメの発眼卵放流をいたしました、乞うご期待を!(プー太郎はその時、なんと北海道で釣りをしていました、スミマセンです・・・)
そして忘れてはならないのは、この活動に資金援助、カンパして頂いた方々のご協力があったからこそなのです、「ありがとうございました!」。NSFC微力ながら頑張っていきますので、皆様方の応援をこれからも宜しくお願い申しあげます。

そして、この小さな活動に役立てる為に"North Side Fly Fishing Club Trout Fund"を設立する予定ですので、この趣旨にご賛同頂ける方々のご協力もお願いいたします。
大門川は必ず釣れます!

# by ff1350m | 2010-03-09 02:01 | FF&NSFC | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 09日

マッタリと何処までも

f0223994_23592354.jpg

僕の名前は"アッシュ"、今年で12歳になります。
気まぐれなご主人様に翻弄されて、北へ南へ何処までも・・・

今回は「どこじゃ?」、気がつけば後ろの方に遠く見えるのは"八ヶ岳?"、いやいや、答えは"根子岳"ですよ~っと。残念?ながら南阿蘇に来てしまったのです。
そう、白川です。根子岳ってミニ八ヶ岳みたいに思えるのは僕たち2人組だけなのでしょうか?
この山が見えると僕たちは何故か心穏やかになり、マッタリとしてしまうのです。

九州のお友達がこの時期には挙ってここに集合するので、はるばる参上いたしました。
(ごめんなさい!これは昨年の撮影でした、すぐにネタはバレますから最初に謝っておきます。)
3月初旬の南阿蘇、花粉がなけりゃもっといい!
今年は、いつもは早目に車検出していたのに、近所の友達と"ウィンターキャンプ"なんてやって遊んでいたら「Oh my GOD !」、車検の期限が無い!行けなくて悔しいから去年の写真を掲載してのうっ憤ばらしです。
白川で集合している"酔っ払いさん達"、爆釣祈願いたします。
そして、今年もどこかでお会いする機会がありましたなら「ヨロシクお願いいたします」。

# by ff1350m | 2010-03-09 00:33 | 僕は"アッシュ" | Trackback | Comments(0)